"> 車の査定では相場を知らない方が良い結果になる

車を安く買い取るプロとの勝ち目の無い価格交渉を避ける

ネットや雑誌などで

「車を査定してもらう時は前もって相場を調べた方が良い」

などというアドバイスを見かけることがあります。

相場を知らないで査定を受けてもその査定金額が安いのか高いのかの判断がつかないというわけです。

確かに中古車の相場を調べる方法はいくつかあり、かつてはネットの相場サイトなどで○○くらいかなという見当を付けてから車買取店の査定に持ち込んだりしたものです。

でも一度一括査定による6社の同時査定を経験してから、「事前に相場を調べても時間の無駄」と考えるようになりました。

なぜ時間の無駄なのか、なぜ査定の前に相場を調べても良い結果になるとは限らないのかについて詳しく紹介してみましょう。

■プロと素人との価格交渉では素人に勝ち目が無い

たとえばネットなどであなたの愛車の査定相場が80万円くらいだと分かったとしましょう。

その後車買取店の査定を受けて65万円の金額を提示されたとします。

相場を調べるくらいですから納得できないあなたは「相場より安いのではないか。少なくとも80万円は提示してもらわないと」などと査定額を上げてもらおうとするでしょう。

でもそこから繰り広げられるのは、車を安く買い取るプロとの勝ち目の無い価格交渉です。

査定で車の仔細をチェック済みのプロにとっては、相場から20万円ダウンになる理由などいくらでも並べ立てることができます。

「今はオークション相場が下がっていて70万円くらいがベースだ」「外装のキズの補修費が○万円かかる」「整備手帳の記入が不備」「シートなど内装がくたびれ気味」「樹脂部分の色褪せがある」「オートマのオイルが古い」「ボディーカラーが売れ筋でない」等々、プロがその気になれば20~30万円値切る理由を挙げることなど朝飯前でしょう。

そして「これこれで本当は60万円が妥当なのですが、せっかくですので5万円上乗せしていますよ」などと言われるかもしれません。

果たしてあなたはこれら一つ一つの減額理由に反論し、論破できるでしょうか。

いくら車に詳しくても所詮は素人、気の弱い方や面倒なことが嫌いな方であれば反論する意欲も湧かないかもしれません。

相場を調べていない方の場合は「5万円の上乗せ」に喜んで契約してしまうこともあるでしょう。

納得できないあなたは別の車買取店に向かうことになるでしょう。

A買取店では65万円だったことを告げて査定してもらうと、車買取店では例えば「うちなら68万円で買い取りましょう」となるかも知れません。

いや、もっと刻んでくることもあるでしょう。

そこからまたA買取店と全く同じ勝ち目の無い交渉が始まることになります。

やはり納得できなくてC買取店にいけばまた似たようなことの繰り返しです。

こうして車買取店を何軒も回っても相場から見て納得できる金額にたどり着けるとは限りません。

車の買取り額のやり取りは結構神経が疲れますので、途中で妥協してしまうかも知れません。

■無料車一括査定で初めから業者同士に競争してもらう

このようにしてみれば、相場を自分で調べてから車買取店と個別のやり取りをするという方法は決して賢い方法とはいえません。

相場を頼りに買取店めぐりを行っても、時間と費用(ガソリン代)がかかるだけで最善の結果が得られる保障は何も無いのです。

それをやるくらいなら、初めから複数の業者に一括して査定依頼をしてプロ同士にお互い競争してもらえばいいのではないかということになります。

そうなんです。まさにそのために提供されているのが「車一括査定」という無料査定サービスなのです。

一括査定を利用すれば一回の申し込みで最大10社など数多くの車買取業者に一括して出張査定を依頼することができます。

それだけでも便利なのですが、更に大きなメリットがあります。

そもそも一括査定は各業者が査定額の競争をすることを前提にしたサービスですので、あなたは各業者に「一番高い所に売却する」と伝えるだけで神経の疲れる価格交渉をしなくて済むのです。

むしろこちらの方が助かるメリットかもしれません。

一括査定でオファーのあった業者に出張査定をしてもらい、全業者が終わったら査定額を比較して一番高い所に売却すれ良いだけです。

■各社の競争にすれば相場など調べなくても良い

いかがでしょうか。一括査定を上手に使えば事前に相場を調べるなどの面倒なことをしなくても、業者の方で自主的に相場の限界近くの競争をしてくれることがお分かりいただけると思います。

愛車を少しでも高く売ってあげたいとお考えなら、相場を調べるなど無駄な作業をせずに、まずは車一括査定を申し込んでみてください。

きっと期待した効果が現れると思いますよ。


このページの先頭へ