"> 車の下取りと買取り

まずは下取りと買取りの違いを理解する

中古車を売却するために査定してもらおうと考えているのであれば、「下取り」と「買取り」という単語を目にする機会が多くなると思います。

しかしながら、買取りなら何となく意味がわかるかもしれませんが、下取りについては日常的には使うような単語ではないため、意味が良く分からないという人も多いです。

そこでこのページでは、車の売買における下取りと買取りの意味について説明してみたいと思います。

まずは下取りの意味についてです。

下取りについて簡単に言えば、所有している車を売却することで、次に車を買う時に売却により生じた分の価値だけ割り引いてもらうという売却法です。

つまり、下取りとは車を売ることと新しい車を買うことの2つの行動を一度にまとめて行ってしまうことなのです。

実際問題、車を持っているということは、大抵の場合は生活において車が必要であるはずなので、売却するとなれば新しい車を購入する必要が出るわけです。

しかしながら、下取りなら車を売却することと車を購入することがセットとなっており、また売却する車の価値によっては新しく購入する車を下取りの価格分差し引いた形で購入できるので、最初から次の車の購入を視野に入れているのであれば、色々と手間の節約になる売却法なのです。

一方、買取りの方の意味ですが、こちらはその単語の通り、車をそのまま買い取ってもらい、その売値金額をお金として受け取ることができるという売却方法です。

買取りの方式で車を売却するのであれば、車の価値がそのままお金となって返ってくるので、新しい車よりも即金が欲しいという方なら買取り方式で売却するのが正解です。

また車の買い替えでなく車の使用をやめる場合も、この買取りの方法によって車を手放すことになるでしょう。

下取りでもそうですが、この買取りにおいても売却する中古車の価格を決めるための査定が重要な往路背すになります。

ただし、買取り方式で売却した後に、新しい車を購入するのであれば、下取り方式のような割引は期待できないという場合もありえます。

車を買い直す予定がない方ならとにかく、いずれは新しい車を購入するつもりであるなら、場合によってはトータルで不利になる可能性がないわけではないことにも注意した方がいいと思います。

まあ、やり方を工夫すれば買取りであっても査定額の面では損をすることが少なく、むしろ頑張れば下取り査定よりも高額を期待できるという面もあります。

思い切って高価売却を狙うのであれば、この買取りの方法による売却に限ります。

複数の買取業者に査定額の競争をさせて価格をつり上げ、一番高いところに売却するというやり方です。

この方法を無料でネットから行えるのが中古車一括査定の無料サービスであり、毎月数多くの人が利用して成果を上げています。


このページの先頭へ