"> 車の査定における重要なポイント

車の査定でチェックされる重要ポイント

車を売却するための査定においてチェックされることになるポイントについてひと通り説明してみましょう。

車の査定でチェックされる重要ポイントとなるのは、車の外装と内装はもちろんのこと、AV機器やエンジンといった内部機関があげられます。

車の外装については、車体のキズや汚れなどが該当しますが、鍵穴やドアノブやガラス窓といった細かい点もまた外装を形作るものであり、査定においては重要と言えます。

続いて内装については、シートやトランクルームの状態であり、変なシミがあったり傷ついていたりすると査定に響くことになります。

また、内装においてはニオイも大事であり、車の内部がタバコ臭かったりすると、査定でマイナス評価をされたりすることがあります。

そして内部機関については、AV機器やエンジンなどの状態が重要と言えます。

オーディオやカーナビの状態が良ければそれだけ査定でプラスに働きますし、またエンジンにおいてもトラブルが起きないようにしっかり整備されていれば、それだけ査定では有利となります。

また、新型のパーツやエンジンなどを積んでいたりすると、それだけ査定で評価されることになります。

査定では、このようなポイントが特に重要視されます。

愛車の査定においてできるだけ高い評価を受けたいというのであれば、こういったポイントに気をつけることが大切です。

また車の査定では、査定する段階になってから気をつけてもしょうがないような例外的なチェックポイントも存在します。

たとえば、発売時期が新しい車だったり、人気のある車だったり、出荷数が少なかったり限定版だったりなどでレアな車種であったりすれば、査定でボーナス的な評価が付くこともあります。

これらのポイントについては、気にしてもしょうがないものなので、もしボーナス査定がつけばラッキー程度に考えておくと良いでしょう。

またボディーカラーも売りやすさにかかわってくるので、バカにできないチェックポイントになります。

日本では白と黒が最も人気の高いボディーカラーとなっていますので、該当している場合はアピールしてみればいいでしょう。

某買取店の査定マンから聞いた話しですが、中古車の査定で査定士が最も慎重に行うのが「修復歴」の有無のチェックだそうです。

もし修復歴を見落としたりすると、どんなにキレイに修理されていても大幅な価格ダウンは避けられず、自分のミスで会社に大きな損害を与えることになってしまいます。

ですから細心の注意を払って修復歴がチェックされるのです。

ということは、修復歴がある車の場合、それを黙っていてもほぼ100%見つかってしまうということです。

隠し事がバレて査定士の心証を害するよりは、初めから正直に申告する方が得策でしょう。


このページの先頭へ