"> 車の査定ではどんな書類が必要か

車の査定に準備しなければならない書類

車の査定というのは、ただ自動車を持っていれば受けられるというものではありません。

もちろん自動車を持っているのは必要不可欠ですが、ただ自動車さえ持っていれば査定を受けることができるわけではないのです。

車の査定を受けるには、準備しておかなければならない書類があります。

例えば車検証が無ければ、査定マンは車の正規の所有者や初度登録年、車のグレードなど査定において重要な要素となるチェックポイントが確認できないことになります。

そうした必要書類を提出し、重要なポイントを一つ一つ確認してもらえて、はじめて自分の車の公正な評価をしてもらうことができます。

書類がそろって居らず、口頭の申告だけで無理やり評価してもらい、低い査定額になっても、非は自分の方にあるのですから文句は言えません。

この点は基本的にどの査定業者でも変わらないものであり、そのため横着して書類を用意しなかったり、あるいは書類を紛失してしまった場合は、たとえ自動車があっても、どの業者に頼ったところでまともな査定を受けることはできないと考えるべきです。

ともあれ、肝心の必要書類ですが、必要なのは2つあります。

具体的には、1つは自動車検査証であり、もう1つは自動車損害賠償責任保険証となります。

自動車検査証とは、一般的には車検証と呼ばれている書類であり、簡単に言えば、国が定めている保安基準に満たしていることを車検に合格することで証明していることを示す公文書になります。

要するに車検に合格した証明書であり、車検をちゃんと受けているなら問題なく持っているはずです。

法律では車に常に備え付けて置くことが義務付けられています。

そしてもう1つの自動車損害賠償責任保険証とは、別名を自賠責保険証と呼ぶ書類であり、名前の通り自賠責保険に加入していることを証明する文書のことになります。

基本的に自賠責保険は自動車オーナーなら加入することが義務付けられているため、自動車を持っているのなら、必ず保険加入と同時に書類を受け取っているはずです。

車の査定を受けるには、以上の2つの書類が必要不可欠なので、査定を受けるつもりならしっかり用意しておきましょう。


このページの先頭へ