"> 車を売却するときに必要な書類

車の売却時に準備しなければならない書類

車の査定を受けて、査定結果に満足しているようなら、次に行うのは車の売却になります。

しかしながら、査定に必要書類があったように、車を売る時においても名義変更などに必要な書類がでてきます。

必要書類がなければ、たとえどんなメーカーや業者に頼ったところで、決して車を売ることはできないのです。

査定のときもそうですが、車を売る時のために必要書類は事前にきちんと準備しておくことが大切です。

具体的には次の4種類の書類が必要となりますので注意してください。

この4つの書類のうち2つは査定でも必要だった車検証と自賠責保険証ですから、新しく用意するのは2種類となります。

一つは自動車納税証明書、もう一つは運転免許証です。

自動車納税証明書については、名前の通りの自動車税の納税済みを示す書類であり、簡単に言えば自動車税をしっかり納税していることを証明する公文書になります。

自動車運転免許証についても名前の通りのものであり、運転免許センター、つまり県の公安委員会から自動車を運転することを許可されていることを証明する書類です。

自動車を売却する際には、上記の4つの書類を用意する必要があるため、その時のために準備は見落としのないようにしなければいけません。

なお、もしも書類を紛失したりしているのであれば、どれも再発行可能な書類なので、事前に専門機関に連絡して再発行してもらっておく必要があります。

書類によっては再発行に時間を要するものもあるので、確認だけでも早めに行った方が安心でしょう。

中でも自賠責保険証を紛失すると、保険に加入していた保険会社の確認から始めなければならないことになるので注意が必要です。


このページの先頭へ