"> ローンで購入した車の所有権解除

ローンで購入した車は担保の形になっている

005

車というのは資産的価値が非常に高いものであり、そのため車を購入する人の多くは自動車ローンを利用していたりしていることが多いです。

しかしながら、実はこういった現金一括払いではない形式での車の購入は、車の売買や査定においては所有権に関する問題につながるため、注意しなければなりません。

車というものには所有権というものがあります。

そしてこの所有権というのは、単純に考えれば実際に所有しているオーナーが該当するものです。

しかしながら、もしもローンなどを利用している場合は、この所有権がローン会社や販売代理店になり担保の形になっていることが多いのです。

銀行の自動車ローンであればその心配はありませんが、ディーラーで組んだローンであればほぼ間違いなくそのような形になっているはずです。

どういうことかというと、ローンなどを利用している場合は所有権はあくまで貸与されているという形になっており、そのため実際に所有しているのは自分であっても、権利としての所有者は別の人や別の存在ということになっているのです。

そしてもしこのように所有権が他者にある場合は、車を査定してもらったり、車を売却する場合に、それが許可されないことがあるのです。

車の査定や売却には、必要書類として車検証が求められるものですが、この車検証の提出には本当の所有者の許可が必要なのです。

具体的には、本当の所有者が所有権を放棄する必要があり、このことを業界では所有権解除と呼びます。

担保の確保のためローン会社が持っていた所有権を解除して車購入者の所有にするという意味です。

ローンなどを利用して購入した車を査定してもらい売却するのであれば、この所有権解除の許可を認めてもらうことが必要であり、もし許可をもらえなければ査定や売却は無理なので、注意しなければなりません。


このページの先頭へ