"> 車の売買契約解除

契約相手が値切りを狙っている可能性なども考える

005

車を売買するということは、資産的価値が高いこともあって、非常に大きな金額が動くことになります。

そのため、車を売却する側からすれば大金が入ってきて安心というところかもしれませんが、大金を支払う側からすれば、ただ車の売買契約が終わっただけでは、まだ安心できないものです。

手元にやってきた車を入念にチェックし、事前情報通りの性能や機能を有しているかどうか確認することなど当たり前であり、もし万が一何か問題があったりすれば、クレームの1つや2つ入れるのは当然のことでしょう。

法で決められた瑕疵担保期間内であればなおさらのことです。

実際、車を購入する側からすれば、ちゃんと自分が納得できる車でなければお金を払いたくないと思うのが当然ですし、もし何か契約した内容と異なる点があれば、購入した立場からすれば詐欺と思ってしまうものですし、クレームを入れるのも無理からぬことだといえるでしょう。

中でも個人売買などの場合は、このように車の売買契約が終わったとしても、場合によってはまだ何か購入者から質問なり苦情なりが来る可能性があるので、車を売る側も契約が終わったからといって安心するのはまだ早いと言えます。

車は高い買い物なので、自然と何か問題が発生すれば、それが大事になっていく可能性が高いので、トラブルには十分に注意しなければなりません。

なお、もしそういったトラブルが発生したのであれば、自分のスタンスを明確にした上で、スタンスに沿った対応をとることが大事です。

もしも契約相手の苦情内容が、自分も気がついていない点であったなら、素直にチェック不足であることを認めて謝罪し、必要に応じた形で誠意を見せる必要があります。

ただし、言われたままに頷いていくのは危険なので、その苦情内容が事実であることを確認させてもらうことも忘れないようにしましょう。

もしも苦情内容に関する事実確認が出来ない場合は、もしかしたら契約相手が詐欺や値切りを狙っている可能性があるので、場合によっては徹底抗戦する意思を持つことも必要となります。

また、もしも業者に査定してもらった上で売却したのに、こういったトラブルが発生したのであれば、自分だけでなく基本的には査定、買取を行った業者の責任であるため、売却先の業者に連絡を入れることも大切です。


このページの先頭へ