"> 車のパーツと査定の関係

ノーマルな状態の車が売れやすい

車には様々なオプションパーツがあります。

そういったパーツは査定においてもそれなりの関係性があるため、査定でより高評価を得たいのであれば、パーツに注目することが大切です。

より高い査定の評価を得るためにパーツで注意すべきことは、純正品のパーツを揃えるということです。

パーツには様々なものがあります。

そしてそういったパーツは製造過程も様々であり、日本国内で作られたパーツもあれば、外国で作られるパーツもあります。

そしてまた、そういったパーツを査定の評価の視点で考えるなら、2種類のタイプで分けることができます。

つまり、車のメーカーが自社の車のために開発したメーカーオプションパーツ、ディーラーオプションパーツのいわゆる純正パーツと、それ以外のパーツです。

ここでいうそれ以外のパーツとは、つまるところどの車でも使える汎用パーツのことであったり、発売元であるメーカーとは異なる会社が製造した社外パーツのことになります。

当然ながら、メーカーオプションパーツなどの純正パーツは専用メーカーが作った専門パーツのようなものであるため、車との相性はベストマッチであり、自然と査定の評価も高くなります。

反面、社外パーツに関しては、たいていの場合は一応動きはするものの、車とはマッチしていないという理由で査定ではマイナスとは言いませんが、あまり高評価を得ることができないものなのです。

そのため、査定のパーツで高評価を得たいのであれば、メーカーオプションパーツに統一してパーツを揃えておくと、車の査定額が跳ね上がることが期待できます。

逆に、車に詰め込んでいるパーツが社外パーツばかりだったりすると、あまりパーツの評価を期待できない可能性が高いです。

なお、もし社外パーツばかりで評価が期待できないのであれば、いっそのことパーツを単品として査定してもらうのもひとつの手です。

パーツ単品であるなら車のメーカーによる括りは関係無いため、純粋にパーツに対する査定評価を受ける事が可能であり、決して悪い選択肢では無いと言えます。


このページの先頭へ