"> 車のキズと査定の関係

腕に自信があるなら自分でキズの補修を

005

車の査定において、何かと気になるのがボディについたキズです。

実際問題として、車においてキズというものはつきものです。

砂や埃に風や雨など、世の中には車体を傷つける要因となるものがいくらでもあります。

そのため、車を使っていれば、たとえどれだけ安全運転に徹していたとしても、気がつけば小さいキズが無数についているものなのです。

このように、車においてキズというのはつきものであり、ハッキリ言ってそれから逃れることはほぼ不可能であると言えます。

ともあれ、車の査定においては、実のところそういったキズについてはあまり気にしなくても良かったりします。

経過年数に応じたそれなりのキズであれば大幅なマイナス評価になることはないと考えていいと思います。

もちろん、あまりに目立つキズともなれば査定でマイナス評価されることはありますが、砂や埃で自然とつくような小さいキズに関しては、業者もある程度は仕方ないことを理解しているため、査定では大目に見てもらえることが多いのです。

そのため、ガードレールにぶつけたり、交通事故に巻き込まれたりなどして大きなキズができているなら話は別ですが、査定ではあまりキズは気にしなくても良い項目であると言えます。

そもそも、車の中古買取りや査定を行っているようなメーカーの場合、たいていは修理業者と提携していることが多いため、小さなキズならすぐ治せる手順が整っているので、あまり気にしていないということも多いです。

ともあれ、そういった小さいキズはコンパウンドを使えば消すメーカーに頼らず消すことが可能なので、消せるなら消しておくのも選択肢としてはありです。

キズのない車はフレッシュさを醸し出すため、場合によっては管理が行き届いた綺麗な車ということで査定が上向きになることもありえるので、少しでも査定の評価を稼ぎたいのであれば、キズを処理することは有効であると言えます。


このページの先頭へ