"> 事故車の査定

事故車の査定ではやはり評価は厳しくなる

005

事故車を査定してもらうのであれば、やはり評価は厳しくなることを覚悟しなければなりません。

当然のことながら、誰だって好き好んで事故車に乗りたいと思うものではありません。

中古車で異常に安売りされている車が事故車だったりするように、事故車というのはひたすらに安く売らなければ購入してくれる人がいないほど需要がないものであります。

そしてまた、需要がないのであれば査定でも評価が厳しくなるのは当然の結果なのです。

ただし、実のところ、事故車というのは日本自動車査定協会などの組織により、定義するための一定の基準が定められており、その基準に達していない車であるなら、たとえ事故を起こしたことがあるとしても、事故車と扱われないことがあります。

ちなみに具体的な定義としては、車の骨格部分に損傷や損害が発生しているかどうかとなります。

つまり、もしも何らかの事故を起こしたとしても、車の骨格に損傷や損害がなければ、その車は事故車の扱いから逃れることができるのです。

ちなみにこの基準はあくまで車に対する基準であり、持ち主に関しては事故を起こせば規模に関係なく事故を起こしたことになるので、そのあたりは勘違いしてはいけません。

ともあれ、このように事故車でも場合によっては普通に扱ってもらえる場合があるので、事故車だから査定額は期待できないと諦めるのは早いと言えます。

そのため、事故車の査定を受ける際には、査定者に対して素直に事故を起こしたことがある旨を伝えて、その上で事故車として扱われるのかどうか一応は確認を取ることをおすすめします。

ちなみに、当たり前のことですが、事故車であることを隠して査定してもらったところですぐにバレるのが落ちですし、運良く査定でバレなかったとしても売却したらいずれバレることになるので、素直に事故車であることを伝えましょう。

明確な意思を持っての偽証は立派な犯罪なので、馬鹿なことは考えないようにしましょう。


このページの先頭へ