"> 洗車と査定の関係

洗車すれば高評価につながる可能性がある

005

車を査定してもらう場合、多くの人は洗車してから臨むべきだと答えると思います。

しかしながら、実際問題、査定において洗車はどんな意味を持つのかと言われると、ハッキリ応えるのは難しいものです。

もちろん、汚いよりは綺麗な方が良いでしょうが、それでも車の汚れなんてものはすぐに洗い落とすことが可能なものであり、査定に影響するのかと言われると判断しづらいものがあります。

そこで今回は、洗車と査定の関係について?明したいと思います。

まず先に断言しておきますが、洗車という行為そのものには査定におけるたいした意味はありません。

そもそも車を売買するようなメーカーは、洗車する側であるため、当然のことながら洗車設備が整っているので、洗車なんていつでもできると言っても過言ではありません。

そのため、洗車そのものに対する有益性はほとんど無いに等しく、有益性が無いのであれば査定でもプラス評価を期待することができないのは当然の話です。

以上のように、洗車するという行為そのものに関しては、査定の評価にはほとんど関係ないと言えます。

ただし、洗車するという行為そのものには関係性はありませんが、洗車したことで車が綺麗になったのであれば、別な意味が生まれる可能性があります。

査定というのはインターネット上の無料査定はとにかくとして、お店などで実際に査定士に査定してもらうのが基本的な手段です。

そしてまた、査定士というのはプロであるため、決して誤魔化しは通用しませんし、評価すべきことと評価できないところを的確に見極めて、査定額を判断してくれます。

ただし、査定士はいくらプロとは言え、人間である以上は、ある程度印象というものに判断が左右されることがあります。

そのため、洗車して綺麗に整えておいた車に関しては、決して悪い印象を抱かれないため、それなりの評価を期待できるのです。

少なくとも、洗車せずに汚いままの車だと、汚い車という印象を与えてしまうので、その印象が査定の判断を厳しめにしてしまったりする可能性があることを考えると、それなりの意味があると言えます。

このように、洗車するという行為そのものには意味がなくても、最終的には高評価につながる可能性があるので、やはり余裕があるなら査定前には洗車しておくべきなのです。


このページの先頭へ