"> 車検と査定の関係

車検の有無は思ったほど査定額への影響が大きくない

005

車の査定や売却契約においては車検証が必要不可欠なように、査定と車検は非常に密接な関係があると言えます。

そしてまた、それだけ関係性が深いのであれば、車検を受けたばかりの車なら評価が高くなるんじゃないかという推測をする方もいます。

そこで今回は、車検が査定にどのような影響をあたえるのかについて?明したいと思います。

先に断言しておきますが、実のところ査定の評価において車検というのはほとんど影響をあたえることはありません。

もちろん、車検の有効期限が切れていたら査定を受けることが出来ないため、まったく影響がないというわけではありませんが、それでも査定の評価においては車検がプラス評価になることはほぼないのです。

強いて言うなら、車検の有効期限が近い車の場合は、査定でマイナス評価がつくことがありますが、せいぜいそれくらいであり、車検というのは査定の評価においてプラスに働くことは基本ないと思ったほうが良いです。

そのため、査定の有効期限が長いから査定も有利に働くかもと思うものですが、実際はほぼ意味は無いと言えます。

もちろん、マイナス評価を防ぐという意味はありますが、プラス評価には働かないのが査定における車検なのです。

なお、その理由としては、車の買取を行っているような業者は車検を行う業者と提携しているものであり、車検を簡単に行う環境が整っているため、事前に車検を受けている車の旨味がほぼないからです。

ちなみに有効期限が迫っているとマイナス評価になるのは、一応の手間賃を考慮したものであると考えられます。

いずれにせよ、ぶっちゃけ車検というのは受けていて当たり前のものなので、査定の評価においてはあまり重要視しても意味のない要素であると言えます。


このページの先頭へ